^レジディア池尻大橋

まいどです。もうすぐ満月ですねー。
いやー梅雨入り。いやだけどいいね−。梅雨の晴れ間は、ちょっと得した気がする。

最近のわたくしは、良く泣きます。
映画「嫌われ松子の一生」でツボに入り、号泣(1時間半)。
先週は、大親友ヤスの結婚で、うれし泣き大号泣(唄いながら泣く。かなり恥ずかしい)。
今週は、ばあちゃんの手紙で大号泣(いい言葉がたくさんありました)。

でもって、今日はお知らせです。
たまにはいいでしょう。
ひょんなことから、写真の展覧を6/12〜6/17まですることになりました。
なぜか大阪!これがポイントです。

場所は、
大阪市北区西天満4-2-13ひろやビル2FのホワイトキューブOSAKA (TEL/FAX 06-6315-5008)というとこです。
11:00〜19:00までらしい。
ちなみに土曜は17:00まで。
わたくしも土曜日に行ってみようと考えております!
写真は、いつもつけている写真日記。今年の5月分をピックアップしたもの。
よろしくです!かもーーーん!
おあいできればうれしいね!

でもいけない人も大丈夫!お知らせくれれば、写真集を送ります。
いつもお届けの人は、そのうちくるでしょう。
てなことで。今日も出張でした! レジディア池尻大橋の口コミは?

そのあと、自分のリハーサルもあり、大ホールの演奏は、ほとんど聴けなかったのですが、最後の2校・・・有名な甲南高校と高砂高校だけは聴きました。いやー、両校とも高校生とはとても思えない完璧な演奏で、言う事ないんですけど。(結果は高砂一位、甲南2位だったようです)
 
 高校生の全ての演奏が終わった後、大阪の有名なビッグバンド、グローバル・ジャズ・オーケストラさんへのゲスト出演。今回、グローバルさんはわたしの曲を3曲も採り上げて下さいました。プロが多数参加している有名なバンドだけあって、演奏は素晴らしかったです。また、関西の重鎮サックス・プレイヤー、古谷充さんとも、わたしの曲”HIGHWAY”で共演させていただき、光栄でした。 作業用靴 通販

最近の若者は(+否定的表現)なんて言うと、随分歳をとった感じがしますが、これから書く事は、肯定的な話だから、まあイイですよね。
 
 最近若手ミュージシャンとの共演も増えてきて、木曜日は、高道晴久(B),二本松義史(DRS)、金曜日は岸徹至(B)さんと一緒だったのですが、この3人には色々共通点があります。皆さん30代前半で、若手だけどとてもうまい。人間的にもしっかりしていて、好青年という感じです。
 
 岸さん・二本松さんは、洗足学園ジャズ科の1期・2期生だそうで、日本の音大の“ジャズ科”を出てプロになった第一号の人たちなんですね。しかも、当時の彼らの先生は納さんと、大坂さん。大学1年生からこういう先生に毎週1時間ずつ個人レッスンを受けられるとは、凄い環境ですよね。
 高道さんと、二本松さんはバークリーで2年間勉強してから、NYで数年実践勉強、という点で共通しているようです。 レーシングシューズ 陸上

|でも。

でも。
記者会見で奥様と並んで座っている姿を見て思ったね。
同じく理知的でクールで素敵な奥様。

隣にわたしが座っても、まったく似合わない!。
あんなに頭がいい男性と比べたら、わたしのノーミソって昆虫並み!。板橋区の工場を貸して頂いた。
近くにわたしがいても、虫程度に感じるのではないかしら!。

おまけに、わたしはファッションを変える気はないから、。
服装からして、まったく釣り合わない!。

わたしにとっては、テレビで見ているだけの、アイドル・山中せんせぃ。

ダンス行き詰っているので、どーでもいい日記でした。

^レジディア代官山

なんかちょっとそのお気持ちわかる気がします!!
無駄に高ーいビルとかキレイすぎる建物とか見てるとたまにおぞましさを感じたりします。そこにどれだけの意味があるのかって問い正しくなるというか…全部資本主義の塊、みたいな…
人を見ててもそう思っちゃうときがあります。同世代の女の子とかみんなお洒落して個性出そうと必死だけど、大きな広い目で見たらみんな同じで、踊らされてるだけのように感じます。

コメント

サトミ

サトミ2006年05月01日 21:56
日記、最近のだけ少〜しさかのぼって読ませてもらったよ!なんか、心がほっとするね。 今日のもよーく分かる。あたしも ずっと居場所求めてたんだよね。ようやく、見つけれたよ。夫と子供がいて、平々凡々だけど毎日楽しいです(*^_^*) 結婚してよかったなぁと思うもん。
福岡も急に開発されちゃってイヤだね。ザリガニとってた頃が懐かしい。土が見えないマンションだらけのこの土地は もぅ故郷ではなくなった気がするよ。寂しいね。

レジディア代官山が気になるなら